はちみつとはどこが違う?

あめおばちゃんからプロポリスキャンディーのプレゼントされちゃいました

はちみつとはどこが違う?

プロポリスのことを知ると、絶対に結び付くのがミツバチと言うキーワードです。
ミツバチというと、はちみつという気がしますよね。少なくとも私はそんな感じです。

 

これまで健康になれるとして、ヨーグルトに混ぜたり、ホットケーキに入れたりといろいろな方法ではちみつを摂取して来ました。実は、子供の頃は瓶を開けてこっそり舐めていたこともあります。それくらいのはちみつ好きです。

 

はちみつとプロポリス、何だか似ているような気もするのですが、何かが違う?
それは、含まれている成分の差ということが言えるでしょう。その差が健康上の効果となって現れるのです。はちみつも健康面で優れているということで昔から大変人気があった食品ではありますが、中には純粋はちみつとうたっておきながら純粋ではないものも多く販売されています。いわゆる「はちみつ風」という商品です。あまりにも安価な商品は、はちみつの成分が少しだけでその他は加糖などで合成されたというようなものが多く出回っています。

 

プロポリスは、ミツバチが自分たちの巣箱を外敵が侵入しないように巣箱の隙間を埋めたワックスのような分泌液のことをいいます。
合成して作ることはできませんので、天然ものということになります。
合成されている成分は300以上とも言われ、一番の注目はフラボノイドです。人間が体内で作りだすことのできない成分で、フラボノイドの効果がプロポリスの効果と言っても決して大げさで無いということが言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ